引退



1977年 沖縄県に生まれる。3人兄妹末っ子。母親は日米のハーフで当人はクオーター。

1980年( 3歳) 両親が離婚。極貧生活を送る。

1988年(10歳) 小5の頃、友達の付き添いで沖縄アクターズスクールを見学し、帰ろうとした所校長から直接スカウトされる。当初は学費が払えず拒否するも、校長は「こいつは絶対に売れる」と確信し、学費免除の異例の特待生として入校。

1992年(14歳) SUPER MONKEY'S 結成。当時中2、学校はほとんど通わずアクターズスクールに入り浸っていた。

1992年 卒業危機を押し退け東京進出。「ミスターU.S.A」でメジャーデビューするも、オリコン29位。次の曲もオリコン137位と泣かず飛ばず。

1995年(16歳) 「TRY ME」のヒット。アルバムがミリオンヒット。本格的にソロデビュー。当時のスパモンメンバー(今のMAX)からいじめに遭う。

1995年(17歳) 小室哲哉プロデュースが始まる。「アムラー」と呼ばれ存在が社会現象化する。

1996年(18歳) シングル「Don't wanna cry」等3曲ミリオン。アルバム「SWEET 19 BLUES」は350万枚で当時の日本史上最高売上を記録。

1996年(19歳) 最年少の日本レコード大賞授賞。10代にして圧倒的な地位と名声を得る。

1997年(20歳) 自身最大のヒット「CAN YOU CELEBRATE?」229万枚。総売上2000万枚突破。そして、TRF SAMと結婚。妊娠。のちの「できちゃった結婚」の先駆者でもある。1年間休業に入る。

1998年(21歳) 息子出産。紅白歌合戦で復帰。瞬間最高視聴率は紅白史上最高の64.9%。

1999年(21歳) 母親を義父の弟に○される。大きくメディアに取り上げられ報道合戦が過熱するも、休むことなく現場復帰。

2001年(23歳) 小室プロデュースから離れる。浜崎あゆみ・宇多田ヒカルの台頭もあり人気が低迷し始める。

2002年(24歳) SAMと離婚。一度SAM側に親権が取られるも2005年に取り返す。

2004年(26歳) シングル「ALARM」でついにオリコントップ10圏外になるまで人気急落。小室時代からの大幅な音楽の路線変更もあり「安室は落ち目」「オワコン」扱いされるまでに。

2007年(28歳) 「Baby Don't cry」着うた90万DL。復活の兆しを見せる。

2008年(30歳) アルバム「BEST FICTION」150万枚を越えるヒット、完全復活。女性ソロアー史上最大50万人を動員するアリーナツアー開催。

2011年(33歳) 東日本大震災義援金5000万円を寄付。月9主題歌「Love Story」配信300万DLで年間売上1位。

2012年(34歳) さらにライブをこなし、20周年5大ドームツアーは女性アーティスト最多動員を記録。

2017年(40歳) 引退を発表。ベストアルバム「Finally」はダブルミリオン突破。10代・20代・30代・40代の4年代連続ミリオンセラーは日本初。紅白歌合戦に14年ぶりの出演。紅白内では3度目の歌手別最高視聴率を獲得。

2018年(40歳) 昨日でファイナルツアー全て終了。74万人動員した小田和正を抜き、ソロアー史上最多の80万人動員。


歌手・安室奈美恵(40)の人生が少女漫画の主人公レベルの壮絶さだと話題に


すごいなー



スポンサーサイト

2018年06月06日 映画・音楽・文学 トラックバック:0 コメント:0

コメントの投稿







管理者にだけ公開する