fc2ブログ

vitzGRMN



ついに申し込みが始まりまりました。
とりあえず申し込んだら、すでに受付番号は1500を超えてました。
10倍超えてますね。
最終的には2~30倍になるでしょう。

メジャーなGRガレージには試乗車も廻ってるようで、
乗ってきたので、かるくインプレッションを。

見た目は最高です。
ついに途絶える国産3ドアハッチバックですから。
安っぽいというか、実際安いBセグボディに、
解りやすいエアロと不釣り合いなホイール。
でも18インチの40でなく、205/45R17ってのが、
中途半端でいいです。

シートの表皮は良い感じで、固さも適度です。
でも、ホールディングはなんか、
よこに壁があるってだけで、隙間ができてあんま良く無いです。
なんかぶかぶかしてる感じ?
80kg以上のデブなひとならぴったりカモ?

内装の質感とかは最低です。
もともと最低グレードのものですから、仕方がないんでしょうが、
工夫もなんにもありません。

でも天井はブラックカラーでかっこいいかも、
アシストグリップは、前後左右4個ありました。

インパネはまったくわくわくしません。
メーターもつまらないし、
ボタン類もヴィッツのままです。
ベースが低グレードで装備がないので、
まるで商用車のようにスカスカです。
ライトのレベルコントロールも手動だし、
クルコンもスピコンもありません。
もちろんTSSCと言った衝突安全装置系もありません。
アイドリングストップもありません。

さいわいなことにVSCスイッチはありましたが、
サイドコンソールの4っスイッチがつけれるところに、
ひとつだけぽつんとありました。
他は盲蓋で塞いでありました。

ナビの位置もトヨタ系らしく低い位置にあり見難いです。
どうやら専用ナビしか取りつかないようです。

リアへの乗り込みのシートを倒す時は、
座面横のリクライニングレバーなんで、
ちょっと操作しにくいです。
最近のモデルに多い肩のところについててほしいです。
インデックスもないみたいなので、
倒すたびにシート位置は再調整です。
リアのシートはまあ普通です。

エンジンはスマートキーによるボタンです。
クラッチを踏んでボタンを押せばスタートです。

始動音は結構でかいです。
アバルト595程ではありませんが、
ミニクーパーSやプジョー208GTiより煩いです。
ちょうど中間ぐらいでしょうか?
4気筒なんでガチャガチャした音はしませんが、
夜間は気を使いそうです。

んで、クラッチが重いです。
ぶっちゃけそうとう重いです。
86GRMNより重いです。
いまどきこの重さはないです。
たかだが156kw(212ps)でこの重さはびっくりです。
他に試乗した人も一様に重いと言っていました。
まあ峠とかコースとかならいいですが、
これで渋滞1時間に巻込まれたらかなりキツイです。
そのわりにはクラッチの繋ぎはよく、
わかりやすいです。

エンジンは素晴らしいです。
ヤマハで製造され、
ロータスでチューニングされ、
フランスで換装され、
LFA工房で再調整されるという、
スーパーチャージャー付2ZR-FEは最高です。
すばらしく軽く吹き上がり。
軽々と車体を押出し。
それでいて従順です。

足回りはびっくりするほど穏やかです。
スポーツカーらしい固さや、振動はなく、
逆に乗り心地がいいと感じます。
タイトにまわっても不安感が全くないので、
相当ポテンシャルが高いのだとも思いますが、
わくわく感や高揚感はまったくありません。

ハンドリングもなんか普通です、
クイックさも無く、
パワーをかけてターンしてもトルクステアにもならず、
何事も起きない感じです。
これもそのポテンシャルの高さによるものでしょう。
でもやっぱり楽しさや気持ちの高ぶりは得られません。

総じて昔ながらのホットハッチっぽいです。
安いボディの安いグレードにすごいエンジンと足回り。
ただしそのポテンシャルはめちゃ高なので、
ちょっと乗って楽しいとか感じるとかはないです。
クローズドのコースを本気で飛ばして、
初めて本領が見られるものでしょう。





日本車最後の3ドアハッチバック

vitz GRMN
miraVAN


スポンサーサイト



2018年04月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメントの投稿







管理者にだけ公開する