FC2ブログ

Blade Runner 序

---------------------------------------
Early in the 21st Century, THE TYRELL
CORPORATION advanced Robot evolution
into the NEXUS phase -- a being virtually
identical to a human -- known as a replicant.
The NEXUS 6 Replicants were superior
in strength and agility, and at least equal
in intelligence, to the genetic engineers
who created them.
Replicants were used Off-world as
slave labor, in the hazardous exploration and
colonization of other planets.
After a bloody mutiny by a NEXUS 6
combat team in an Off-world colony,
Replicants were declared illegal
on earth -- under penalty of death.
Special police squads -- BLADE RUNNER
UNITS -- had orders to shoot to kill, upon
detection, any trespassing Replicants.

This was not called execution.
It was called retirement.


LOS ANGELES
NOVEMBER, 2019

---------------------------------------

撮影中は2020年の設定だった
でも「視力検査(米語で「20/20」で発音が似てる)」
と混同しそうだったので2019年にした

2019年のロサンゼルスを映す瞳はホールデンの瞳
とシナリオには書いてある

原作はディックの
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」だけど
リドリーは読んでない

「ブレードランナー」ってタイトルは
アラン・E・ナースの『The Bladerunner』を元に
ウィリアム・S・バロウズが書いた『Blade Runner (a movie)』から借りた
最初の意味は
「非合法医療器具の密売・運び人」
だった

普通の人間は殆んど宇宙に出て行っている
地球に残っているのは宇宙に行ける体力が無い者かクズ
と言う設定が初期にあった



~お願い~
本内容はわたしが見聞したものを
わたしなりの解釈で書いたものです
よって事実と異なっている場合もあるかもしれません
その場合はどうぞご指摘下さるようお願い申し上げます


  

  



スポンサーサイト

2008年10月03日 映画・音楽・文学 トラックバック:0 コメント:0

コメントの投稿







管理者にだけ公開する